舩橋会計の経営理念

舩橋会計の経営理念:月光闇夜(げっこうあんや)

闇行く経営者の足もとを照らし、会社に安心と勇気と喜びを、微力ながら継続して与え続けていく存在であろう。
※以下の解説は、舩橋会計全員で共有する努力目標です。
解説 経営者は、真っ暗な森を目的もなくさ迷いあるくヘンデルとグレーテルのような状態になることがしばしばあります。そんな経営者は、家族にも友人にも同業者にもその悩みを打つ明けることが出来ない場合が多いです。
世の中にはメンターとかコンサルタントとか社長の悩みを聞く職業がたくさんあります。また弁護士とか社会保険労務士とか経営をサポートする資格業もたくさんあります。
しかし、会社のデータをあずかり、その数字を全て把握できて、いつでも気軽に相談できるのは、会計事務所しかありません。また資金繰りや経営分析を最も正確に出来るのは会計事務所なのです。
経営分析という数字は、あくまでも手段でしかありません。その数字の先には、経営者の心があります。数字の話しをするということは、心の話しをするのと同じなのです。心が健全で正直ならば、必ずそこには福が舞い降りるのです。
ヘンデルとグレーテルの足もとを、月の光でともしましょう。そうすれば、経営者は転ばなくて済みます。また地図も照らしましょう。そうすれば、目的地を見つけることが出来るかもしれません。多すぎる荷物があれば、捨ててもいい荷物をそっと教えてあげましょう。
私たちは、太陽にはなれません。経営者本人でないし、その道のプロではないから。しかし、微力ながらも月の光を送り続けることは出来ます。そうやって人の心配をしているとき、私たちの心は一点のケガレもない美しい海や空と同じになるのです。
つまり心の底から人の心配をするということは、自分の生きる喜びになるのです。

舩 橋 会 計 の 特 徴

経 営 助 言 の 仕 方

事 務 所 通 信

経営革新等支援機関に認定されました

T K C の 継 続 M A S

T K C の D A I C 2 建 設 業

お客様の声

相 続 発 生 シュミレーション

税理士 舩橋信治は、TKC会員です。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る