男性は弱音を言えずに苦しんでいる

女性の社会進出を考えるうえで、男性の勤務形態も同時に考えなければならない、というお話を以前しました。

つまり、男性の仕事量が多すぎるので、それを女性にシフトしなければ男性は女性をサポートすることさえ出来ないということですね。

男性が女性をサポートしなければ、女性は社会進出することは不可能です。

これは男性がとても楽になる良いことだと思います。

男性は、残業も含めてバリバリ働くのが当たり前になっています。

私自身も周りからは、「そんなに働いたら死んでしまうので、もう働かないでほしい」、と言われます。

でも私は、自分が死んでしまう気はしません。えらいと思いますが、体がえらいだけなので、心は大丈夫なので、寝れば回復するだろう、くらいに考えています。

でも私も会社員の時期があって経験があるのですが、自営業者のえらさと会社員のえらさは、その性質が全く違います。

自営業者は、えらいと言っても自分で選んだ道なので納得感があるんですね。あきらめもつきます。

しかし、会社員の場合ですと、上司の命令でやらざるを得ない場合が多いので、いつでも納得できるわけではありません。

つまり、男性は男性で悲鳴をあげたいのです。

でも文化として、男性が仕事について悲鳴をあげると「弱い」と言われてしまいます。

本当は、「もうダメだ」と言いたいのだけれども、それを言えないのです。

だから、私は、男性は正直に「もうダメだ」と言えばいいのだと感じるんですね。

そういうふうに男性も自分の弱い部分を見せれないと、女性の社会進出は進まないと思います。

男性も女性も同じように不安を抱えている。どちらも働きすぎると悲鳴をあげる。

だから男性と女性で仕事をシェアして、負担を分かち合おうというふうに考えるのです。

その分、男性も子育てに協力する必要がありますね。

男性は社会が思っているよりも弱い存在だと思います。

そういう男性の弱さが当然、という文化で出てくると、女性も社会進出しやすくなることでしょう。

今まで男性は、やせ我慢をしすぎたのではないかな。

結局、児童虐待や家庭のドメスティックバイオレンスは、男性の仕事のストレスが原因になっていることが多いんですよね。

男性が弱さをさらけ出すことができれば、そういった社会問題も減少するのではないかと思います。

 

社会進出したくない女性も認めるべき

女性が社会進出しなければ、日本は先進国の地位を維持できないだろう、というお話しを前回させていただきました。

そうなるとポピュラリズムにのって、社会進出しない女性はダメだ・・・なんていう人も出てきそうです。

しかし、専業主婦も大変な仕事です。

私は、子供がいるので、通常の職場で働くよりも、むしろ専業主婦の方がずっと大変なのではないかとさえ感じます。

また専業主婦でもない、働きもしない・・・そういう人さえも認める必要があると思います。そういう人はニートと言われるかもしれませんが、そうやってモラトリアムの時期を過ごすことも人間には必要だからです。

しかし、いつかは働いてほしいとは思いますけどね。

つまり女性の社会進出を考えるときは、いろいろな働く形があるということを社会が認める必要があると思うのです。

そのパターンを思いつくまま、以下に書きたいと思います。

①仕事に集中する勤務形態(夕方の5時とか6時まで働く正社員タイプ)

②ショートタイムの勤務形態(夕方の4時くらいに勤務終了するタイプ)

③アルバイト(週に3程度勤務するタイプ)

④専業主婦(働かないで子育てなどに集中するタイプ)

⑤モラトリアム(働かないでなにもしないタイプ、芸術家や研究者などはこういう時期が必要)

こんな感じで女性のタイプにもさまざまな形態があります。特に⑤のタイプの人を攻めるのは簡単なのですが、⑤のようなタイプの人も社会には必要だと私は思います。

ピカソやアインシュタインのような発明は、⑤のようなモラトリアムの時期を過ごさなければ生まれないからです。

働かないことが、必ずしも悪ではないのです。

とにかく人間にはいろいろな価値観があるので、いろいろなタイプを社会が認めなければ女性の社会進出は達成できないということですね。

 

女性の社会進出と経理

女性の社会進出がさかんにうたわれております。

確かにこれだけ人口減少が進むと女性に頑張っていただく必要が出てくるとおもいますね。

日本は、先進国の中でもとりわけ女性の社会進出が遅れているようです。

女性の課長とか部長ってあまりいないですよね。

市役所などに行くと多くの女性が働いています。

全員が正社員ではないと思いますし、どのような給与形態になっているかはわかりませんが、よいことだなと感じます。

女性の仕事といえば、経理ですね。

私は、自分が経理の仕事をしていてこんなことを言うのもなんですが、経理は女性によく合っている仕事だと思います。

生来、女性は細かな仕事が向いていると思います。数字の間違いを探したり整えていくのは、とても細かな仕事で神経を使います。

むしろ男性が細かな経理の仕事を長時間できるとは、なかなか思えません。

私は男性で経理の仕事をしていますが、かなり特殊なタイプだと自分で思っています。

私は、男性のくせにずっと事務仕事をしていても平気だからです。

でも一般的には、細かな仕事は女性が得意だと感じています。

だだ女性の社会進出といっても、男性がその環境をととのえる必要があると思いますね。

男性がもっと女性を助けないといけない。

その女性を助けるべき男性が忙しすぎて、女性を助けることができない。

こうなってくると、どっちが努力すべきという議論をこえて、社会の仕組みそのものを変化させないと女性の社会進出は不可能だと感じます。

具体的には、男性の仕事も4時くらいには終了して、保育園のお向かいなどを男性がやったり、夕食の買い物や準備を男性がやらなければ女性の社会進出は無理ではないかと思います。

簡単に申しますと、男性の仕事量を女性にシフトする、これが女性の社会進出の一面だといえるかもしれません。

仮に、そういう世界が実現したとします。そうなると、男性もあまりいばってはいられなくなりますね。

俺の金で生活しているんだぞ、なんて怒る男性もいますが、そういうことが言えなくなってきますね。

文化がどういう形に変化するのか、それを受け入れる人がいるのかどうか私にはわかりませんが、男性の仕事を女性にシフトしていくことは、避けることができませんし、そうしていかなければ日本は先進国の地位を維持することは難しいでしょうね。