自分に出来ること

今は、税理士としてMAS業務の勉強に力を入れています。

MAS業務の勉強をしていると、「いったいこんな自分が経営者や会社のために何が出来るんだろう?」と考えさせられます。

勉強すればするほど、自分の小ささを感じますね。

それでも経営者に助言をするということを、ためらっていてはいけないな、と思います。

そこは、勇気をもって助言していかないと、と感じます。

MAS業務というのは、経営助言をすることをいうんですね(簡単にいうと)。

MAS業務では、経営にきづきを与えるだけで、それ以上踏み込んではいけない、コンサルタントではないから、とよくいいます。

経営助言とコンサルタント、これは似て非なるものですね。

紙一重ですね。

決してコンサルタントが悪いわけではないですからね。

その道のプロである社長に商品のことでかなうわけがない、とよくいいます。

でも待ってよ。

プロじゃないから見えることってたくさんあるよね。

客観視できるからコンサルが出来るという考え方もあるんだよね。

そういったきわどい問題もありますが、それはさておき

こんな自分にいったい何が出来るのだろう、と考えます。