巡回監査 税理士 小牧市、春日井市


私達、舩橋会計は、巡回監査をぐちょくに行っております。

巡回監査とは、お客様と面談させていただき、会計データのチェックや経営状況のご報告をさせていただくことです。

これを毎月行うことによって、遅れることなく会計データ入力を進めることが出来ます。

また巡回監査では、「巡回監査支援システム」というソフトを使用して正誤表をお客様にお渡しいたします。

正誤表というのは、お客様が間違えて入力した会計データ入力を修正したもので、修正前と修正後の両方がプリントされている紙を言います。

お客様は、その正誤表をみてお客様ご自身で会計データを入力しますので、どこを間違えたのか、なぜ間違えたのか、がよくわかります。

ですので、お客様の会計処理能力は、どんどん向上してまいります。

つまり、会計事務所の人間が勝手に黙って修正をして、その修正した内容を告げづに終わってしまう・・・ということがないのです。

また面談させていただくことにより、お客様に最新の経営状況をお伝えさせていただきます。

この場合にも、マウスをクリックして画面を開けていくのは、お役様ご自身です。私達、舩橋会計のものは、横で口頭でご説明するだけです。

なぜそうするかというと、お客様がお一人でもパソコンを見て、経営状況を把握できるようになっていただきたいからです。

私達、舩橋会計のものがいなくても、お客様お一人で、好きな時間に好きな場所で、自由に自社の経営分析が出来て、経営について考えていただくことがとても大切なのです。

ですので、舩橋会計は、お客様に成長していただき数字に強くなっていただくことを目標としております。それによって私達の仕事がなくなるかもしれません。しかし、私達の仕事がなくなるくらいお客様に全てのノウハウをお伝えするのが、本当のサービスだと考えております。

つまり会計事務所は、教育産業なんですね。会計事務所の人間というのは、お客様に知識を伝えるための情熱をいつも持ち続けていなければならないと考えております。

そのためには、私達自身が日常で勉強して精進していかなければならないと感じております。

業績検討会

舩橋会計が最も大切にしているのが、この業績検討会です。

業績検討会とは、簡単にいうと社内会議です。

会計の資料をもとに、社員の方や経営者に集まっていただき、そこに舩橋会計も入って会議をするのです。

会議の内容は、初めは財務関係ですが、徐々に会社の方向性や仕事の仕方あるいは従業員さんの悩みなどになっていきます。

この業績検討会をすることによって会社はどんどん伸びていきます。

また業績検討会が終了すると後日 舩橋信治がお手紙を手書きで書いて、経営者様に送ります。

活字に残して再度考えていただくためです。

この業績検討会には、正解はありません。また上司部下の関係もありません。

みんなで会社を良くするために、さまざまなアイデアを出していくのです。

意外に思われるかもしれませんが、中小企業というのは社内会議をあまりしません。

そんな話合いをする余裕がないのです。

だから社長の鶴の一声で物事が決まってしまうし、社長の経営理念を従業員に浸透させることが出来ないのです。

社内会議というと少しぎょうぎょうしいですが、ようはコミュニケーションの場をつくっているのです。

中小企業は、コミュニケーションを大切にしていくと成長していきます。

余談ですが、会社を成長させる経営者は新入社員の声にも真剣に耳を傾けます。つまり、相手が誰であろうと常に学ぶ姿勢をもっているのです。そして何かを探しています。探究者・エクスプローラーです。繰り返しの業務からは利益は生まれないと知っているのです。常に何かを求めてさまようエクスプローラー・・・こういった経営者は、どんどん会社を成長させます。

 

相続、事業承継、小牧市、税理士


舩橋会計は、相続・事業承継のノウハウを蓄積しております。

地主様の相続申告のご依頼をいただくこともありますし、会社経営者様の相続申告のご依頼をいただくこともあります。

特に会社経営者様の相続は、次世代経営者への事業承継が問題となるため、その解決策の難易度は上がります。

地主様に対しては、保有している土地を相続によって手放すことがないように、入念に納税資金対策を考えてまいります。

経営者様に対しては、その会社が事業承継によって衰退しないように難易度の高い税制特例の適用を考えてまいります。

いずれにせよ、相続・事業承継に力を入れることは、地域経済を守ることにつながると感じております。

ですので、使命感をもってこの相続・事業承継に取り組んでおります。

相続・事業承継の心構えは、長期的に気長に取り組むことです。

相続・事業承継対策には、時間がかかるのです。

できれば10年という年月で対策を考えていただきたいです。

時間をかけてゆっくり、しかしやるべきことはしっかりと遂行していくという感じです。

亀のようなイメージですね。

その歩きは遅いのですが、着実に処理を進めていくということです。

相続・事業承継対策は、そういった性質のものです。

瞬発力で解決する事案ではありません。

ですので、本音を言い合える税理士を見つけることが大切になります。