事務所通信 令和1年8月

風山漸(ふうざんぜん)   君子(くんし)はゆっくり成長する

売上がなかなか思うように伸びない営業マンや経営者は、思い悩むことが多いかもしれません。そんなときは、風山漸(ふうざんぜん)という易(えき)経(きょう)の言葉を思い出してください。風山とは、山上の木です。山上は冷たく強い風が吹きますので、上に伸びる前にまず地中深く根を張らなければなりません。根のある部分までしか枝は伸びないともいいます。その根は、成長している段階では目に見えませんので、誰からも評価されません。風山漸の漸(ぜん)は、「ようやく・ゆっくりと」という意味です。山上の木は、平地と比べ成長するまでに時間がかかるという意味です。そして君子とは、「志(こころざし)のある人・リーダーになる器(うつわ)のある人・自分の損得を捨てられる人」といった意味があります。簡単にまとめると、「良い会社はゆっくり成長するから焦(あせ)らないでね」となります。
 確かに自己破産する経営者を見ていますと、自己破産する直前は華やかで利益も出ています。そしてその利益は、1年や2年という短期で達成されています。短期間で成長するものは、短期間で衰退(すいたい)すると暗示(あんじ)しているようです。
 例えば年間3,000万円の売上を5,000万円にするのは難しいと思います。しかし3,050万円にするなら出来そうな気がします。たった50万円と思われるかもしれませんが、そのようにゆっくりと成長することが大切だと思います。誰からも評価されない期間も続くと思いますが、気づけば平地の木よりも大きな木になり、山上に生えているので周りからは仰(あお)ぎみられるようになります。地中深く根を張っているので、強風がふいても簡単には倒れません。
 ほんの少しの違い、ほんの少しのアイデア、ほんの少しの売上向上、ほんの少しの反省、こういったささやかなことが続いていくと、気が付けば大樹(たいじゅ)になっているのだろうと思います。
風山漸(ふうざんぜん)   君子はゆっくり成長する   易経は、孔子(こうし)が古典を整理しまとめたものです(作成したわけではありません)。孔子は、今から約2,500年前に亡くなりました。その孔子の時代に既に、易経は古典の中の古典でした。大昔から賢人は知っていたのです。組織というのは、ゆっくり成長した方がいいと。
ちなみに舩橋会計はというと、おそらく風山漸です。売上向上はスローペースで華やかさはありません。でも僕はそれで満足しています。今のお客様にもっと良いサービスを提供していきたいですし、経営者や経理担当者といろいろとお話しさせていただくことが楽しいのです。僕にもいろいろと雑務はありますが、お客様と面談をさせていただく時間をもっと確保すべきだと感じています。一獲千金の戦略を考えている時間があるのなら1件でも多くお客様を訪問したいです。仮にそれで大きなお金を手にすることが出来なくても、大きな夢を手にすることは出来るかもしれないと思うのです。僕の夢は、地域の会社が数字によって強くなっていくことです。数字にはそのような力があると思います

消費税クイズ

問題:令和1年10月7日にコンビニで、飲料用のペットボトルの水を購入しました。目的は会社の植物に水をあげるためです。この取引には、8%か10%どちらの消費税率が適用されますか?

ヒント

令和1年10月1日からは、消費税率が10%になります。しかし「酒類・外食を除く飲食料品」と「週2回以上発行で定期購読される新聞」は、軽減税率(8%)の対象となります。

解答

8%が適用されます。ペットボトルは、「酒類・外食を除く飲食料品」に該当し飲料として販売されていますので、軽減税率8%が適用されます。ペットボトルを会社の植物にあげていますが、「何に使用したか」は問われません。人間が飲まずに会社の植物にあげようとも、軽減税率8%が適用されます。

ちなみに水道水は、令和1年10月1日からは標準税率10%が適用されます。しかし水道水は、8%と10%が適用される期間をまたいで請求されます。その場合には、令和1年10月31日までに旧消費税率の期間を含んだ請求がされたら全て8%の消費税率で処理します。お手元の請求書に記載された消費税率をよく確認する必要があります。

55分間だけ消費税の勉強をしませんか?

55分間だけ消費税の勉強をしませんか?

令和1年8月23日に消費税研修をさせていただきました。次は令和1年9月3日に全く同じ内容の研修を実施いたしますのでお越しいただきたいと思います。
 10時00分から10時55分は、改正消費税についての説明です。10分休憩をして11時05分から12時00分まではTKCの会計ソフトを操作していただきます。
 経理担当者で入力業務を行っている方は、この研修内容の知識を知らないと実務が出来ないので必ずお越しいただきたいと思います。また経営者や営業担当者なでも消費税の知識は重要ですので、前半の55分だけ参加していただきたいと思います。
 いまや消費税は全ての取引に関係してきます。契約書も請求書もカタログもさまざまな場面で消費税が登場してきます。消費税は、ビジネスマンの一般教養を超えて、必須知識となりました。
 消費税の知識を会社全体で共有していただければ、会社の総合力も少しアップすると思います。反対に消費税改正に無知で業務を進めますと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もございます。
 場所は、小牧市西部コミュニティセンター2階会議室です。参加ご希望の方は、資料の準備がありますので、事前に電話かメールでお申込み下さい。おって詳細をお伝えさせていただきます。

事務所通信 令和1年7月

つれづれ日記    令和1年8月1日      舩橋信治
お盆
 毎日お仕事ご苦労さまです。生命の危機を感じるほどの猛暑の中で作業をするのは、さぞかし大変なことと思います。水分補給が重要になってきますね。植物もこの暑さで疲れ気味です。事務所の植木もお盆後には、葉が焦げて茶色くなります。決まってお盆の後にそうなります。きっと昔の人も「8月中旬は体がしんどくなるから、みんなで仕事を休もうよ。その代わりに死者を思い出すというファンタスティックな思いにひたろうよ。」と考えたのではないでしょうか?
 夏の夜に虫の音(ね)だけが響きます。そうすると何か懐かしい過去を思い出す人も多いのではないでしょうか。そんなときは、仕事の損得も忘れて誰もが詩人になります。この詩人の感覚が意外にもビジネスには重要ではないかと感じます。自己破産をする人は、その多くが戦略家です。それだけ戦略が考えられるなら失敗などするはずがないのにと思うのですが。つまり戦略だけでは成功しないということでしょうか?そこには非論理的ではありますが、「直観」というものも重要になってくるのかもしれません。
 お盆の夜に蝋燭(ろうそく)をともせば、虫の音も死者からのメッセージに聞こえるかもしれません。死者を心の友にもった経営者は、直観が研ぎ澄まされて成功する可能性が増す、と私は考えております。

改正消費税研修の詳細

 令和1年8月23日(金曜日)と9月3日(火曜日)に改正消費税研修を開催させていただきます。いずれも同じ研修内容ですので、ご都合の良い日をお選び下さい。この研修は一般教養としての知識ではなく、今後知っていなければ仕事が出来ないという必須の知識となります。以前消費税が5%から8%に変更となりました。今回の8%から10%への変更は、以前のそれとは全く次元の異なる大きな変更です。その理由は、以下の3点にあります。

① 10%と8%(軽減税率)という複数税率になる。
② 会計ソフトの操作に新しい機能が付け加わる。
③ 2023年10月1日からインボイス方式が始まる。今回の改正の国の真の目的は、そのインボイス方式移行への準備である。

このように複雑な要素を含んだ改正ですので、まとまった研修をどこかで受けないと実務が出来ません。商工会などでも消費税研修をしておりますが、経理担当者向けで更に会計ソフトの操作まで踏み込んだ研修は、なかなか実施されておりません。それを今回2時間というコンパクトな時間に詰め込んでお伝えさせていただきます。他の手段で今回の研修と同じ内容の知識を得ようとすると、5倍以上の大きな労力とコストを支払うことになると予測しています。経理担当者だけでなく経営者や営業マンにとっても改正消費税の内容は、重要な知識となるはずです。なるべく多くの方に出席していただき、消費税を原因としたミスやトラブルを未然に防いでいただきたいと思います。

ご出席の方は、メールか電話でご連絡ください。8月23日と9月3日のいずれの日も都合が会わない方は、お電話ください。別の日程で調整させていただきます。

雨の浅間神社

静岡県富士宮市宮町1-1にある富士山本宮浅間大社に行ってきました。お盆で東京に行った帰りに寄りました。主祭神は、木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)様です。小牧市近辺ですと犬山に尾張富士という神社があって、そこに 木花之佐久夜毘売命 様が祭られています。一度本山に来てみたかったんですね。

写真は、境内にある湧玉池(わくたまいけ)です。富士山の雪解け水が何層にもなった溶岩の間を通り湧き出して出来た池です。この池の周りを雨の降る中、ふらふらと歩きました。池の中央に小島がありまして、そこから池全体を眺めますと、水がこうこうとあふれ流れており、水の豊かさを感じさせてくれます。現実世界から離れた天界のような雰囲気でした。おそらく雨が降っていなければ、かなり透明度が高いと思われます。

 

舩橋会計のお客さまの中には、神社が好きで会社にも神棚を飾っておられる人も少なからずみえます。そのように神仏を大切にされている方の経営成績は良いので、何か関係があるのかなとも感じます。しかし、全く神仏に興味がないお客様で経営成績が良いお客様もいらっしゃるので何とも言えません。しかし、一つ気になることはあります。自己破産をしていく方の中で、神仏を大切にされている方は、ほとんど見たことがないということです。神仏を大切にしている方で、最悪の状況まで行ってしまうという現象は見たことがありません。またトヨタ自動車の社訓の中に、神仏を第一に大切にせよという言葉があります。実際に神社に来てみればわかるのですが、境内の中をふらふらしているとヨコシマな考えはなくなり、ちゃんとしていこうという気分にはなります。そういった精神的な状態が事業にも影響するのではないかと思います。

税理士の選び方

税理士 舩橋信治

 

こんにちは。今このホームページをご覧になっている方は、税理士を探しておられる方が多いのではないかと思います。では、税理士に何を求めますか?一般的には税金申告や記帳代行(会計データの入力を税理士事務所に頼むこと)ではないでしょうか?

もしもそうであるならば税理士報酬が安ければ安いほどいいですね。だってそういう事は誰でも出来ますので。そして税金申告や記帳代行のみを依頼された税理士は、どんな位置づけの存在になると思いますか?それは、事務代行屋です。先生と呼ばれながらもやっていること自体は、事務代行業です。

最近の会計ソフトは機能がすばらしいです。特にTKCのソフトはすばらしい。ネットバンクやクレジットカード情報は自動取込し、学習機能によって仕訳も自動作成していきます。領収書をスマホやスキャナーで読み取れば、その仕訳も自動作成します。要は会計処理にかける労力が少なくて済む時代になったのです。それなのに税理士にわざわざお金まで払って記帳代行(会計データ入力を税理士事務所に任せること)を依頼しますか?

会計データは自社で入力する時代です。会計ソフト(TKC)もそのように設計されております。では税理士には何を依頼すれば良いのでしょうか?それは、経営助言です。税理士は、その会社の財務状況を全て把握しております。また利害関係がないので本音を言うことが出来ます。コンサルタントの経営助言は変革的で魅惑的かもしれませんが、会社を壊してしまうおそれがあります。高額な金額を支払う割には、なかなか効果があがりません。税理士が経営助言をするということは、コストパフォーマンスが最も高いのです。

税理士は二極化の時代をむかえています。事務代行業を昔ながらに続ける税理士事務所と経営助言に力をいれる事務所です。後者の方が数が少ないです。難易度が高いからです。また精神論だけで経営助言をするわけではないので、それ専用のソフトやエビデンス・ツールをもっていなければなりません。

舩橋会計は、経営助言を積極的に行う税理士事務所です。舩橋会計と税理士顧問契約を結ばれる方は、舩橋会計を事務代行屋とは考えておられません。戦略パートナーとしてお選びいただいております。会社をもっと発展させて従業員の満足度を上げたいという前向きな経営者様は、舩橋会計と相性が良いと思います。

舩橋会計は、経営助言を行うといってもコンサルタントのように土足で相手の心の中に入り、無礼な干渉をするわけではありません。舩橋会計はエビデンスに基づき、謙虚で控えめな助言をさせていただきます。その業界の事は、当然ながら経営者様の方が詳しいですし、具体的なアクションを税理士事務所が経営者様にご指示するのは不可能です。ですから財務分析資料によって経営者様に気付きを得ていただくように間接的な質問をさせていただきます。

今何をすべきか?というのは、実は経営者様が一番よく知っていたりします。舩橋会計は、さまざまな資料提供や質問をさせていただくことにより、経営者様にその経営を考える時間を多くとっていただきます。そして過去を反省し、改善し、再びアクションを起こしていただきます。それをモニタリングして、経過確認をさせていただきます。

税金申告を正確に行い税務調査に備えることは当然重要です。それに加えて戦略パートナーを税理士に求めるという視点もある、ということをご認識いただけると嬉しいです。舩橋会計にご興味をお持ちいただけたならば、お気軽にお電話ください。