舩橋会計は、TKC専門店

舩橋会計は、TKCの専門店です。

決算書の表紙にだけTKCマークを付けて、TKC事務所とうたっている所もあります。

本当のTKCスタイルは、主に以下の三つを行っている税理士事務所です。

1、毎月の巡回監査

2、継続MASを使った毎月の経営助言

3、TDSやフィンテックといった最先端の会計技術をお客様に伝えている

舩橋会計は、上記の内容をしっかりと行っております。

TKCサービスの醍醐味を味わいたい方は、舩橋会計にお電話ください。

TKCスタイルを続ければ、会社は少しづつ良い方向へと変化していきます。

それは、なぜか?

毎月しっかり経営についてお話しをさせていただくからです。

お客様は、自分の会社を俯瞰的にみれるようになっていきます。

まずは、自分の会社を知る。

そして、そこから反省をしていきます。

改善点を決めたらそれを実行していきます。

反省と改善を繰り返す会社は、発展していきます。

巡回監査 税理士 小牧市、春日井市


私達、舩橋会計は、巡回監査をぐちょくに行っております。

巡回監査とは、お客様と面談させていただき、会計データのチェックや経営状況のご報告をさせていただくことです。

これを毎月行うことによって、遅れることなく会計データ入力を進めることが出来ます。

また巡回監査では、「巡回監査支援システム」というソフトを使用して正誤表をお客様にお渡しいたします。

正誤表というのは、お客様が間違えて入力した会計データ入力を修正したもので、修正前と修正後の両方がプリントされている紙を言います。

お客様は、その正誤表をみてお客様ご自身で会計データを入力しますので、どこを間違えたのか、なぜ間違えたのか、がよくわかります。

ですので、お客様の会計処理能力は、どんどん向上してまいります。

つまり、会計事務所の人間が勝手に黙って修正をして、その修正した内容を告げづに終わってしまう・・・ということがないのです。

また面談させていただくことにより、お客様に最新の経営状況をお伝えさせていただきます。

この場合にも、マウスをクリックして画面を開けていくのは、お役様ご自身です。私達、舩橋会計のものは、横で口頭でご説明するだけです。

なぜそうするかというと、お客様がお一人でもパソコンを見て、経営状況を把握できるようになっていただきたいからです。

私達、舩橋会計のものがいなくても、お客様お一人で、好きな時間に好きな場所で、自由に自社の経営分析が出来て、経営について考えていただくことがとても大切なのです。

ですので、舩橋会計は、お客様に成長していただき数字に強くなっていただくことを目標としております。それによって私達の仕事がなくなるかもしれません。しかし、私達の仕事がなくなるくらいお客様に全てのノウハウをお伝えするのが、本当のサービスだと考えております。

つまり会計事務所は、教育産業なんですね。会計事務所の人間というのは、お客様に知識を伝えるための情熱をいつも持ち続けていなければならないと考えております。

そのためには、私達自身が日常で勉強して精進していかなければならないと感じております。

TKC 継続MAS

今日は、TKCの継続MAS研究会が名駅で行われました。

スタッフ達と一緒に参加いたしました。

この継続MAS研究会は、とても実践的なものです。

どうしたら業績が改善するかという意見を、一人一人発表します。

意見を発表するときは緊張しますが、これがいいです。

社長との面談を疑似体験できるからです。

今後も、継続MASに力をいれて社長に気づきを与えられればいいです。

数字で会社を強くするためですね。

毎月訪問サービス

舩橋会計は、原則として毎月お客様のところへ訪問させていただきます。
会計資料をまとめて預かって、まとめて処理するというやっつけ仕事のようなことはしません。
毎月経営者様や会計担当者様にお会いさせていただくことにより、会計処理が遅れることなく進んでいきます。
また現場を見ることが出来ますので、さまざまな経営のお話しをさせていただくことが出来ます。
毎月訪問サービスでは、以下のような効果があります。

●会計処理が遅れず、直近の経営状況が把握できます。
●資金繰りが大丈夫か、予想することが出来ます。
●経営に関するお話しが出来るため、網羅的にサポート出来るようになります。
●事業計画と実際の状況を比較して、次のアクションを考える機会が生まれます。
●社内会議で経営報告を行うなど、社員様との話合いにも参加させていただけます。

このように毎月訪問をしますと、単なる税金の計算に終わらず、経営に関する話合いを経営者様などと行えるようになります。
やはり経営者様も一人で考えているよりは、話し合いの中でアイデアなどが浮かんだりすることもあるようです。

これから会社を伸ばしたい、従業員との関係をさらに良くしたいなど、前向きに経営に取り組まれている経営者様には毎月訪問サービスは向いていると思います。

TKC 尾張支部会

今日は、TKC尾張支部会が名駅でありました。
尾張地区の税理士さん達と会えるので、この会は楽しいです。
私は、いろいろな集まり(クラブ)にほとんど参加しておりませんので
こういったTKCの集まりは、いい息抜きになります。
私は、TKCという組織から随分と精神的にも助けられていると思います。

巡回監査システム TKC 税理士 小牧市

お客様の帳簿を直すときは、毎回 巡回監査支援システムを使っています。
これを使うと、お客様にとっても会計事務所側にとっても、大きなメリットがあります。
これはよく出来たシステムで、会計事務所側が直した内容が、正誤表となって紙でプリントアウトできます。
お客様は、その正誤表を見て、自分の入力したデータを直します。
自分で自分のデータを直すので、次からは同じ間違えをしません。
経理処理がどんどんレベルアップしていきます。
よくありがちなのは
会計事務所が勝手に直して、勝手に帰ってしまうケースです。
これだと、経理担当者は、いつまでたっても処理方法を覚えることが出来ません。
巡回監査支援システムは、短期間で経理レベルをアップしていただくための、良いツールです。

弥生会計 税理士 小牧市 春日井市

舩橋会計では、弥生会計にも対応しております。

しかし、これは一時的にお客様に弥生会計を使っていただくためのものです。

そして、いずれはTKC会計に移行していただきたいと思います。

以前は舩橋会計でも弥生ソフトを採用していた時期がありました。

しかし、弥生では資金繰り計算や適正な月次会計監査が行えませんでした。

そのため、現在は、弥生をお使いの方には徐々にTKCに移行していただくように助言させていただいております。

現在、弥生ソフトをお使いの方も、一度舩橋会計にご相談ください。

そして、弥生とTKCの違いを丁寧にご説明させていただきます。

さらに、障害なく弥生からTKCに移行する方法をお伝えさせていただきます。

確かに弥生は効率的で使いやすいのですが、それだけです。

資金繰り予想や経営助言・税務調査の観点から見ると、あまり経営には役立たないソフトです。

これは、弥生だけでなくフリーやマネーフォアードのようなコンピューター屋が作るソフトも同じで、効率だけを求めています。

残念ながら会計は、効率だけでは役に立ちません。

今まで弥生会計やフリーやマネーフォアードや会計王などを使われていた方は、なかなかこの文章に賛同できないかもしれません。

しかし、私のお話しを聞いていただいて比較していただければ、ご納得できると思います。

まずは、お気軽にお電話ください。税理士 舩橋信治

電話 小牧 0568-42-2880

 

TKCのフィンテック 税理士 小牧市

上記の動画をご覧ください。

TKCのフィンテックサービスについてのインタビューです。

フィンテックを導入すると、通帳やクレジットカード情報が自動で会計ソフトに取り込めます。

これにより、経理にかける業務時間が大幅に減少しますし、ミスも減ります。

舩橋会計は、TKCのフィンテックサービスに力を入れております。

興味のある方は、お気軽に舩橋会計へお電話ください。

TKCの証憑ストレージ 税理士 小牧市

上記の動画をご覧ください。

領収書をスキャナー取込すれば、自動で仕訳を作成してくれるTKCサービスのご紹介です。

この機能を使えば、経理業務にかける時間が大幅に削減されます。

舩橋会計は、このTKC証憑ストレージサービスに積極的に取り組んでおります。

ご興味のある方は、舩橋会計までお電話ください。

税理士 舩橋信治

TKC 月次締切り 小牧市 税理士

今日は、日曜日ですが、朝の7時からお客様のところへ行きました。
そして、月次締切りを行いました。
TKCの月次締切りというのは、会計データをTKCデータセンターに送信することをいいます。
そうすることによって、お客様は会計データの修正が出来なくなります。
この修正が出来ない部分を融通が効かないと言うひともいますが
勝手に修正が出来ないからこそ、正しい仕訳が出来るんですね。
勝手に修正が出来てしまうと、最悪のばあい嘘がいえますから。
TKCのシステムを使いますと、嘘が言えなくなります。
僕は、そういうところがとても好きなんですね。
朝7時から始まった月次監査は、朝10時30分に完了しました。