スタッフ

舩橋会計には、私以外に5名のスタッフがおります。

全員女性です。全員とても優秀です。

男性社員もかなわないくらい優秀だと思います。

ホームページの一番左のボタンは、最もクリックされる回数の多い場所です。

そのボタンにスタッフのページを持ってきている意味あいは、

舩橋会計の一番の財産がスタッフであるからです。

もともと女性というのは、会計事務の仕事に向いております。

細かい部分に注意をして、丁寧に仕事をするのが得意だと思うのです。

ですから、税務書類の作成で男性が女性よりも上回るには、よほどの頑張りが必要となります。

私は事務所としての経営理念や行動指針を造ったり、適材適所を考えたりすることに時間を使っております。

またスタッフが作成した書類のチェックやスタッフからの質問の応答にも多くの時間を使っております。

それが終わるとお客様の所へ行きますから、毎日がかなり忙しい状態になります。

そんな私をスタッフが支えてくれます。

また私も、スタッフが快適に働けるようにサポートします。

おそらく税理士としての私は平凡なレベルだろうと自覚しております。

しかし、スタッフのレベルは、かなり高いと思います。

舩橋会計のスタッフが勤まるならば、上場企業のような優秀な会社でも十分通用すると思います。

自分より優秀なスタッフに働いてもらっている私は、ラッキーだと思います。

そんな平凡な私ですが、一つだけ信念がございます。

それは、組織を高めたいのなら顧客ファーストでなく

社員ファーストでなくてはならない、ということです。

そうです。お客様よりも従業員の方が大切なのです。

こんなことをホームページで堂々と言ってしまう私は、やはりバカかもしれません。

しかし、冷静に理論的に考えてみてください。

大切にされていない従業員がお客様のことを大切にするでしょうか?

物事には順番があります。

経営者は、まずは従業員を大切にするのです。

それから、従業員はお客様を大切にするのです。

さらに、大切にされたお客様は、その組織から離れません。

離れないどころか、次のお客様を呼んできてくださいます。

それは、結果的に経営者にとって幸福なことです。

だから、経営者は、一つのことを集中的に考えればいいのです。

それは、従業員を大切にするということです。

従業員を大切にするのは、安定した給与を確保することは当然ですが、それだけではありません。

私は、次の二つがとても大切だと思います。

まず一つは、従業員に「あこがれ」を示すことです。

税理士の仕事ってこんなに面白いんだよ、という税務にたいする憧れです。

人間は、その学問に対してあこがれをもっていないと真剣に勉強しようとは思いません。

また上司から怒られても、ヤル気が出るわけではありません。

経営者がその道にあこがれをいだいているからこそ、それが伝染するのです。

だから経営者は、その道にほれ込んでいてその学問にあこがれをいだいていなくてはなりません。

あこがれをなくしたとき、その経営者はその仕事をする資格がなくなります。

反対に、あこがれを持っているならば、多少経験が少なくても魅力的な経営者といえます。

次に大切なのは、従業員に誇りをもたせることが重要と考えます。

単純作業のルーティンワークばかりやっていては、その仕事に誇りをもつことは出来ません。

また理不尽なお客様の言いなりになっていては、その仕事に誇りをもつことは出来ません。

だからそんな状況に従業員がおちいらないように、経営者は守ってあげる必要があります。

誇りというのは目に見えるものではありません。

お金というのは、ハッキリと目に見えます。

でもそのお金を捨ててでも、従業員の誇りやあこがれをまもってあげなくてはなりません。

それが経営者の使命だと思います。

そんなことを集中的に考えていれば、従業員はその経営者のために頑張って働きます。

愛にめぐりあいたいのなら、全てを捨てる勇気がいります。

愛にめぐりあいたいのなら、他人のために時間を使わなければなりません。

愛にめぐりあいたいのなら、自分を苦しめた相手を許さなければなりません。

経営とは、愛そのものだと思います。

もしも、会社が単にお金をもうけるためのシステムだったとしたら

そんな所には、1年か2年しかいられないでしょう。

そして社会は、その会社の存続を許したりはしないでしょう。

愛は目に見えませんが

お金儲けをする会社さえも、愛が必要なのです。

愛のないものには、意味がありません。

こういうおとぎ話のような理論を真面目に信じ続けられるので

今まで税理士事務所をやってこれたように思います。

舩橋会計は、風も吹けば飛んでしまうような小さな事務所です。

ですが、目に見えないものを信じる力がある限り

社会は、その存続を許してくれることだと思います。

 

アルバイトさん募集!

舩 橋 会 計 の 特 徴

経 営 助 言 の 仕 方

事 務 所 通 信

経営革新等支援機関に認定されました

T K C の 継 続 M A S

T K C の D A I C 2 建 設 業

お客様の声

相 続 発 生 シュミレーション

税理士 舩橋信治は、TKC会員です。

弥生会計

オンリーワンへの道

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る