舩橋会計は会社が発展する仕組みを会計の面から構築・提案します

舩橋会計の4つの役目

舩橋会計の役目上記図の補足

① 会計とは会計データの入力をお客様にしていただき、それを毎月チェックさせていただくことを指します。会計処理が遅れませんし、処理したデータ内容と日付を第三者であるTKCが証明しますので、外部からの信頼が高いです。

② 税務とは、法人税、消費税、相続税などの税務申告を指します。試験受験とは、舩橋会計のスタッフが巡回監査試験を受験し、税務知識の向上を図っていることを表します。

③ 助言とは経営者に質問させていただくことにより、経営について考えていただくことを指します。MAS監査とは未来の経営シュミレーションをする手法を言います。専用のソフトを使用し、未来の資金繰りや経営計画などを予測・作成します。

④ 保障とは書面添付を指します。書面添付の実行により税務調査の可能性が減少します。舩橋会計は、信頼性の高い会計データと申告書を作成していきますので、書面添付という税理士資格をかけた保証書のような書面を税務署に提出できます。

舩橋会計と相性の良いお客様

売上を増やしたい、支店を増やしたい、従業員の給与を上げたい、といった前向きでポジティブなお客様と舩橋会計は相性が良いです。

また嘘を付かない。仕事に全力でぶつかる。といった正直な心をもった方も舩橋会計と相性が良いです。

会社の規模や売上の大きさ・経営者としての経験年数・税理士報酬が高額かどうか、などは関係ありません。従業員や家族のために必死に努力される経営者を、舩橋会計は全身全霊で応援させていただきます。

舩橋が考えるオンリーワン企業への道のり

経営理念のフローチャート舩橋が考えるオンリーワン企業への道のりをフローチャートにしました。パッと見るとなんだか難しそうに見えるかもしれませ。でも一つずつ見るとそれほど難しくはないと思います。このフローチャートで私が強調したいのは、私が行っているMAS監査は、単なる技術ではないということです。経営理念というつかみがたい社長の魂の叫びのようなものとMAS監査を結び付けて取り組むということをしております。社長の深い思い・アイデア・その会社独自の課題など、それらは闇の中で生まれます。心の中で生まれます。そのように大きな視点でみると、経営ってすごく宇宙的だなって思うんですよね。

 

 1. 舩橋会計が行うMAS監査とは 

はじめまして、小牧市の税理士 舩橋信治 です。MAS監査(ますかんさ)とは、マネージメント・アドバイザリー・サービスの略です。具体的には、経営シュミレーションソフトを使い社長の夢を現実化していきます。夢は、どのようにしたらかなうのでしょうか?私は、まず「想像」することが大切だと思います。心の底から願わないことは、現実化しないはずです。その忙しい日常からいっとき離れて、私と一緒に未来を思い描いてみませんか?

税理士 小牧市 春日井市

税理士 舩橋信治 小牧 春日井経営力とは、いわゆるカリスマ性とか時の運なのでしょうか?それとも努力によって獲得するものなのでしょうか?私(舩橋信治、左写真)は、後者だと思います。経営力は、技術だと思います。技術ならば努力すれば見返りがきます。実際に普通の人がすばらしい会社をつくっています。

税理士に質問する社長なるほど。でもさ、実際に世の中を見てみると努力ではどうにもならない、運に左右される事も多いよね。特に商売なんかはさ、そこらへんは舩橋君はどう見ているの? → 舩橋の回答

保証書発行 税理士 春日井市

 

 2.MAS監査の具体的手法 

 ① 目標は「逆算の思考」で立てる 

社長には、さまざまな「思い」や「計画」があります。それを数値化していきます。ここで注意していただきたいのは、売上高の目標は「社長の理想」ではない、ということです。舩橋会計は、売上目標を社長に考えていただくときは、逆算の思考を使います。どれだけお金が残らなければ会社はつぶれるのか?そのお金を残すために逆算すると、売上はいくら必要なのか?と逆算します。これだけなければ会社はつぶれる、という緊張感のある目標、基準を作るのです。

税理士 春日井市

 

左の画像は、TKCのMAS監査ソフトのデモ画面です。上から下へと逆算しています。必要な資金から目標の売上高を逆算計算しています。

逆算の思考 については、こちらを クリック

 

 

税理士に質問する社長なるほど、舩橋君は必要資金から逆算して目標売上高を計算してくれるんだね。理論的にはわかるんだけど。でも社長自身の理想があるじゃん。売上を5億円にしたいとかさ。そういう自分の純粋な理想を目標にしてもいいと思うんだけど。理想を目標にしてはダメなの? → 舩橋の回答

 

 ② 計画と現実の違いを分析し、改善する 

社長に計画を作っていただいたら、その計画が現実とどれだけ違ったか確認します。そして改善策を考えていただきます。舩橋会計と会話することによって考えを深めたり確認したりすることが出来ます。


税理士に質問する社長なるほどね。舩橋君は、経営問題を解決する場合に、会話によってその問題解決の思考を深めていくという手法をとっているんだね。でもさ、会話だったら従業員や家族とも出来るよ。経営コンサルタントもいるよ。会計事務所の人と会話をする必然性はないと思うんだけどな。 → 舩橋の回答はこちら

税理士 小牧・春日井

上記画像は、TKCのMAS監査ソフトのデモ画面です。左側の当期が実際の状況で右側の当期予算が計画です。このように画面上で実際と計画をパラレルに比較しております。「計画通りに行かなかった原因は何か?」ということを考えていただきます

 

 ③ 未来の資金繰りを予測する 

資金繰りの予想は、意外に難しいです。税金支払いや備品購入や従業員追加など多くの情報が錯そうするからです。複雑な計算になりますので、TKCのMAS監査ソフトを使います。


税理士に質問する社長

うちの会社は、資金繰りの心配はいらないよ。だって売上から経費を引いたら絶対にプラスになる商売をしているから。知りたいのは資金繰りではなくて利益なんだよ。それでも舩橋君は、資金繰りが大切っていうのかい? → 舩橋の回答資金繰り 税理士 江南市

1年後の預金残高を予測しています。お金が足りれば会社はつぶれません。未来のお金が足りるのか?足りないのか?これを予測しながら経営をしていくことは重要です。

 

 ④ 社長の戦略が実現可能か試算する 

上記画像は、TKCのMAS監査ソフトのデモ画面です。左側の対策名一覧に社長の未来のアクションが書かれております。そのアクションを起こすと利益や税金や資金繰りはどのように変化するのか?を計算します。そしてアクションが資金繰りからして実現可能かを判断します


税理士に質問する社長「アクションが実現可能か判断する」って舩橋君は言うけどさ、そんなに難しく考える必要はないんじゃないの?例えば100万円の機械を購入したいなら売上を100万円獲得すれば、プラス・マイナス・ゼロで、預金残高は減らないんでしょ。 → 舩橋の回答社長の打ち手 小牧の税理士

 

 ⑤ 同業者と比較して初めてわかる事 

下記画像は、TKCのMAS監査ソフトのデモ画面です。黄色は同業者の数値です。真ん中の白色は当社の数値です。青色は「売上高は変えないでそれ以外の数値を同業者と同じ割合にしたらどうなるか」ということを表しております。このように同業者と比較して見えてくることはたくさんあります。例えば社長は自社の仕入れ価格が安いと思っていたけど、同業者と比較すると全然安くなかった、なんてことはよくあります。

同業者比較 税理士 春日井

 

メール見積もり

 

 3. MAS監査の前提 

下記画像は、TKCが発行した記帳適時性証明書のサンプルです。簡単に説明すると「会計処理が遅れないで、正確に作られていますよ」ということを第三者が証明しています。MAS監査は、会計処理が遅れていては出来ません。新鮮な財務情報を使うことがMAS監査の前提条件となります。

記帳適時 税理士 小牧

 

 4. お試しで一度受けてみませんか? 

実際にMAS監査をお試しで受けてみることが出来ます。下記の画像をクリックしていただき、詳細をご確認ください。これは、会社の健康診断みたいなものです。一度、お試し財務分析を受けて、MAS監査がどのようなものが体感していただきたいと思います。

MAS監査 税理士

 

 5. 税理士は戦略パートナー 

税理士は、税金計算だけをするもの、と思われている方も多いと思います。実際にそういった税理士事務所が多いのも事実です。でも税金計算をするだけなら、それは事務屋ということになります。税理士は、その会社の数字を全て把握していますし、経営者と接する時間も長いわけです。であるならば、税金の計算にとどまらず、経営の話まで行うのは社会的責務ではないかと思います。舩橋会計は、戦略パートナーとして経営者をサポートさせていただきます。

建設業は舩橋会計

 

 6. 経営助言は謙虚で控えめに行います 

MAS監査を通して経営者に経営助言を行うと言っても、具体的なアクションを舩橋会計が指図するわけではありません。その業界のことは、社長が一番よく知っていますので。舩橋会計としては、情報を社長に与えたり、質問することによって、社長に気づきを得ていただくようにします。また社長にアドバイスをせていただくときは、謙虚で控えめな態度を心がけております。エドガーH.シャインのプロセスコンサルテーションという技法を用い、間接的で相手の自尊心を傷つけない、社長の能動的な意思に働きかけるようなアドバイスをさせていただきます。

 

 7. このブログの使い方 

私、舩橋は、このブログで社長に学習をしていただきたいと願って文章を書いております。経営に必要なのは、才能ではなく技術だと思うからです。技術は学習で身に付けることが出来ます。このホームページはブログ形式なので、カテゴリーボタンをご使用いただくと読みやすいと思います。また一番わかりやすくて学習効果があるのは、メルマガです。メールアドレスを登録するだけで、読めます。営業はなく、解除も簡単に出来るので、お読みいただきたいと思います。

メルマガ 税理士 

 

 8. 自学自習で最強になる、のをサポート 

会社を良くするには、財務情報を元に税理士事務所の人間とよく会話することが重要だと述べてきました。確かにその通りです。でも本当に大切なのは、自分で会計データを確認し、自分でそれを元に経営を考えていく力を、社長自身が身に付けることです。

税理士事務所の人間と毎月会話しても、せいぜい月に1時間か2時間ですよね。それ以外の膨大な時間は、社長一人なわけです。その何百時間、何千時間という膨大な時間をどう過ごすのかが重要になってきます。そこで自分自身で会計ソフトを開いて、マウスをクリックして、財務情報を元に経営を一人で考えることが出来れば、会社はどんどんよくなります。

社長がこのレベルになると、もはや税理士事務所がどこの事務所だろうと、会社はよくなります。このように自分一人で考える力を付けていただくことを、舩橋会計は目標にしております。つまり自学自習できる力を社長に付けていただくのです。

自学自習は最強です。〇〇さんが教えてくれる、とか、どこどこの税理士事務所がいい、とか、〇〇の書籍がいい、など関係なくなります。どんな素材を使おうが、自学自習が出来るようになれば、経営の本質をいつでもどれだけでも一人で考えられるのですから、会社は良くなるのです。

自学自習の力を付けていただく。「舩橋君は、もういらないよ。自分で考えられるから!」と社長に言われることを目標にしております。


税理士活動エリア:小牧市、春日井市、岩倉市、江南市、北名古屋市、一宮市、大口町、名古屋市など。

税理士業務内容:会計業務、税務業務、決算申告業務、MAS監査、会社設立、建設業許可申請、相続申告、保険代理店業務