コロナウィルスとテレワーク(会計処理)

新型コロナウィルスが危機的状況を生んでいます。こんな時代に会計処理はどのようにあるべきでしょうか?

まずは人と人の接触を極力避けることが重要だと思います。そのために最も効果的なのは、テレワークを行うこと。

でも会計処理って一般的には、いろいろな資料が必要でテレワークが難しいようにも思えます。でもTKCのフィンテックやTDSを使えば、それらの資料を画像化・データ化して経理担当者の自宅のパソコンに自動送信します。

つまり人と人の接触をしなくても、経理資料のやり取りが可能となります。経理担当者は、本社に勤務しなくても自宅で経理処理が行えます。

そしてただ単にテレワークが出来るだけではありません。仕事の効率もアップします。それは、会計ソフトに学習機能が付いているからです。経理担当者が仕事をすればするほど、その学習機能がパターンを覚えていきます。

感染症予防をしつつ、仕事も効率化していきます。一石二鳥ですね。

小牧市の税理士 舩橋信治