経営理念って何ですか?

経営理念 税理士 小牧市

経営理念を簡単に言うと、「何のために経営をするのか」・「経営のミッションは何か」・「経営を通して社会のために何が出来るのか」という感じになります。

ちょっと抽象的で申し訳ありませんが、なんとなくニュアンスは伝わりますよね。経営理念と対極にあるイメージは、「金さえもうかれば何でもいい」・「従業員は苦しんでも自分に金が残ればいい」・「悪い商品を販売しても金がもうかるならいい」といった感じになります。

経営って大変なんですよね。やってみるとわかるんですけど、利益を出すのは難しいんですよ。気を抜くとすぐに赤字になって倒産してしまう。だから経営者は、いつでも余裕がないんです。そして、明日の夢よりも、今日の金が大切となってしまうんです。

そんな経営理念なんて理想を語っている時間があるなら、今日の配達を一つでも進めた方が利益になるって考えるんですよね。これが普通の経営者です。

でも待ってくださいね。利益の追求のみを考えている会社からサービスを受けたいと思う人がいるでしょうか?利益の追求のみを考えている経営者の下で働きたいと思う人がいるでしょうか?皮肉ですが、利益の追求のみを考えると、利益は遠ざかっていくんですね。

あなたは何のためにその会社をつくったんでしょうか?そして誰を幸せにしたいのでしょうか?誰が今、困っているのでしょうか?社会とどのようにつながっているのでしょうか?・・・そんな事を考えながら、一度、経営理念をつくってみてください。

そしてその経営理念を守るため、つらぬくためには、どんな行動をとる必要があるのでしょうか?

その行動は、時には利益が出ないかもしれません。経営理念を守ろうとすると、損得を超えた価値観をもたなければなりません。簡単にいうと損をすることも出てきます。

でもその経営理念を守るための行動を継続していると、信頼を得たり、個性的な活動になったり、誰も行っていないサービスになったりします。そのときに利益は出てきます。

だから経営理念をもつって、かなり厳しい道のりも待っているんですよね。その厳しい道のりを超えたところにオンリーワンの状況が待っており、そのオンリーワンになることによって人が集まってくるんです。

だから少し遠回りになるかもしれませんが、利益を得たいなら経営理念をつくるべきなんです。

あまり難しく考える必要はありません。自分は何が好きか、何をやりたいか、そんなことを素直に考えれば、自然と経営理念は生まれます。

小牧市の税理士 舩橋信治