税理士 舩橋信治 ごあいさつ

税理士 舩橋信治

はじめまして、税理士の舩橋信治です。

私は、現在、小牧市で家族5人で暮らしております。

税理士としての私の特徴は、経営シュミレーションソフトを使い経営助言をさせていただくことです。

会計データの入力は、今後ますますデジタル化されていき省力化されていきます。

税務判断も人工知能が導入され、税理士の存在価値は問われるようになることでしょう。

ただし、経営助言という分野だけは、なかなか人工知能やデジタルでは出来ないと予想されます。

経営者と税理士の中で、最後に残るコミュニケーションの形は、面談だと思います。

面談で会話をすることにより、経営者の中で「経営を考える時間」が増えていき

経営改善の機会がより多く訪れます。

お一人で経営を考えることが出来ればいいのですが、現実は忙しさに紛れそれは難しいことでしょう。

私の場合は、TKCの継続MASという経営シュミレーションソフトを使い、さまざまな客観的データをもとに経営助言をさせていただきます。

だから私が何か特別な能力があって、経営者を導ける力があるのではありません。TKCのソフト開発が優れているのだと思います。

ただそのTKCのソフト(スタイル)の力に気づけたことは、私にとってラッキーだったと思います。

経営助言として具体的には、納税予測、資金繰り予測、計画と実際の差異分析、同業者比較などがあります。プラスアルファーで私の個人的見解です。

経営者に必要なのは、カリスマ性といったつかみどころのない先天性のものではない、と私は考えております。

経営者に必要なのは、経営をする技術だと考えております。

技術であれば、普通の人でも学習し獲得することが出来ます。

技術であれば、磨いて進歩させることが出来ます。

学校では経営の仕方を教えてはくれません。

学校というのは、いかにみんなと一緒に同じことが出来るかが問われます。

この「みんなと一緒に」、という力を求められるのは、公務員や大企業です。

しかし、個人企業というのは、独自の判断でアクションを起こさなければなりません。

そこに「解」は、ありません。解を求める思考パターンよりも「問い」を探す思考パターンが必要になります。

当たり前で誰も気づいていなかったのですが、「個人企業としての戦い方」は、教育機関では教えられない仕組みになっているのです。

だから個人企業をしている方は、人生の最後まで経営を学び続けるという姿勢が大切だと思います。

一生学び続けるという覚悟を決めたときに、明るい未来が見えてくると思います。

経営という技術をTKCの経営シュミレーションソフトを使い地域に広めたい

そして、多くの経営者やその周りの家族、従業員さんを幸福にしたい

それが私の目標です。

経営がうまく行かず、どん底にいる個人企業の経営者さんも少なくはないと思います。

自暴自棄になったり何かにすがりたくなる気持ちも湧き上がるかもしれません。

しかし、大切なのは、客観的なデータをもとに、自分の会社や状況を冷静に俯瞰的(ふかんてき)に見ることです。

そうすると、小さな発見が出てきます。

それを手掛かりに、今、最優先で改善すべきことは何かを見つけます。

私は、あまり能力のある人間ではありませんが、一つ出来ることがあります。

それは、「人の話をじっくり聞く」ということです。

私と会話をしていただき、まずは心を軽くしていただきたいと思います。

そして、ハッピーな状況になっている未来を想像していただきたいと思います。

想像出来ないことは、現実化しません。

幸福なイメージをもって、あとは全力を出しきって行けることろまでつっぱしっていただきたいと思います。まー、完全に体育会系のノリですね。

ごめんなさい。自分が体育会系の人間なので。

それは、結果を待つまでもなく、その行為自体がすごく楽しいですよ。

税理士 舩橋信治