経営革新等支援機関に認定されました 税理士 小牧市

経営革新等支援機関 小牧

舩橋会計は、中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関に認定されました。

 

認定経営革新等支援機関とは

中小企業・小規模事業者の多様化・複雑化する経営課題に対して事業計画策定支援等を通じて専門性の高い支援を行うため、税務、金融及び企業の財務に関する専門的知識を有し、これまで経営革新計画の策定等の業務について一定の経験年数をもっているといった人を国が「認定経営革新等支援機関」として認定しています。

 

認定経営革新等支援機関(舩橋会計)に相談いただけると以下のような課題に対応いたします。

①経営状況の把握

・財務内容等経営状況の分析

・経営課題の抽出

②事業計画の策定

・計画策定に向けた支援・助言

③事業計画の実行

・事業の実施に必要な支援・助言

 

支援の実例

①事業計画の策定支援を受け、毎月の予算と実績を比較し達成状況を把握することで、適切な対策を実施することができ、経営状況を改善することが出来ました。結果的に金融機関の融資もスムーズに受けられるようになりました。

②自社の強みに基づいた新商品のターゲット選定等の助言とともに、仕入先などの取引先や商品開発に必要な試験を行う研究組織等の紹介を受け、新商品開発及び新商品の販路開拓が実現できました。

 

舩橋会計の特徴

舩橋会計は、税金の計算だけをする税理士事務所ではありません。経営助言を行って、経営者をサポートさせていただくことも積極的に行います。会社の数字をもっとも正確に把握しているのは、コンサルタントでもなく弁護士でもなく税理士なのです。その税理士が税金の計算だけをしていて満足していてはいけないと考えます。数字を基に経営助言を行い、会計で会社を強くすることも税理士の社会的責務だと感じております。毎日の仕事を経営者とその従業員のために全力を尽くす、そういう覚悟が舩橋会計には出来ております。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です