継続MAS研究会 TKC

10月10日 名駅大同生命ビルへTKCの継続MAS研究会を受講しに行ってきました。今回は、初歩的な継続MASの操作方法を習得するという内容でした。

パソコンにデモデータを入れて、現地にそれをもっていきました。延長コードにパソコンをつないで開始前からスタンバイしました。しかし、誰もパソコンなどもってきていない。さらに今日は、パソコンがなくても受講できるとのこと。

勇んで準備をしすぎたな、と思いました。しかし、いざ研究会が始まると、先生のお話しを聞きながらデモデータを操作すると、より理解が深まりました。

パソコンは、重かったけど持ってきて良かった。この研究会は私と職員2名が参加したので合計で3台のパソコンを持ち運ぶことになりました。

私もはじめ、まだまだ継続MASを使いこなしていないので、一日も早く継続MASに慣れていきたいと考えています。事務所としてこの継続MASつまり経営助言に力を入れていくことは、地域の皆様への貢献につながると考えております。

次回の継続MAS研究会が楽しみです。

関連記事

  1. 社会進出したくない女性も認めるべき
  2. 弥生販売のススメ
  3. 女性の社会進出と経理
  4. 声の大切さ
  5. 経営悪化に気づくには時間がかかる
  6. 男性は弱音を言えずに苦しんでいる
  7. 弥生会計 会計データの入力の仕方
  8. 販売単価の上昇を依頼する

支 援 機 関 に 認 定 さ れ ま し た

お 客 様 の 声

T K C の 継 続 M A S

T K C の D A I C 2 建 設 業

相 続 発 生 シュミレーション

PAGE TOP