経営理念って何ですか?

経営理念 税理士 小牧市

経営理念を簡単に言うと、「何のために経営をするのか」・「経営のミッションは何か」・「経営を通して社会のために何が出来るのか」という感じになります。

ちょっと抽象的で申し訳ありませんが、なんとなくニュアンスは伝わりますよね。経営理念と対極にあるイメージは、「金さえもうかれば何でもいい」・「従業員は苦しんでも自分に金が残ればいい」・「悪い商品を販売しても金がもうかるならいい」といった感じになります。

経営って大変なんですよね。やってみるとわかるんですけど、利益を出すのは難しいんですよ。気を抜くとすぐに赤字になって倒産してしまう。だから経営者は、いつでも余裕がないんです。そして、明日の夢よりも、今日の金が大切となってしまうんです。

そんな経営理念なんて理想を語っている時間があるなら、今日の配達を一つでも進めた方が利益になるって考えるんですよね。これが普通の経営者です。

でも待ってくださいね。利益の追求のみを考えている会社からサービスを受けたいと思う人がいるでしょうか?利益の追求のみを考えている経営者の下で働きたいと思う人がいるでしょうか?皮肉ですが、利益の追求のみを考えると、利益は遠ざかっていくんですね。

あなたは何のためにその会社をつくったんでしょうか?そして誰を幸せにしたいのでしょうか?誰が今、困っているのでしょうか?社会とどのようにつながっているのでしょうか?・・・そんな事を考えながら、一度、経営理念をつくってみてください。

そしてその経営理念を守るため、つらぬくためには、どんな行動をとる必要があるのでしょうか?

その行動は、時には利益が出ないかもしれません。経営理念を守ろうとすると、損得を超えた価値観をもたなければなりません。簡単にいうと損をすることも出てきます。

でもその経営理念を守るための行動を継続していると、信頼を得たり、個性的な活動になったり、誰も行っていないサービスになったりします。そのときに利益は出てきます。

だから経営理念をもつって、かなり厳しい道のりも待っているんですよね。その厳しい道のりを超えたところにオンリーワンの状況が待っており、そのオンリーワンになることによって人が集まってくるんです。

だから少し遠回りになるかもしれませんが、利益を得たいなら経営理念をつくるべきなんです。

あまり難しく考える必要はありません。自分は何が好きか、何をやりたいか、そんなことを素直に考えれば、自然と経営理念は生まれます。

小牧市の税理士 舩橋信治

経営理念を掛軸に

経営理念 掛け軸お客様の経営理念を私(舩橋)の汚い書道で書きました。

汚い言葉に、汚い書道。でもこれでいいんです。

ストレートに伝わるから。

黒字が経営理念です。

赤字が経営理念を意識した行動ルールです。

こういった目標が明確にされていると、経営者と従業員の関係は良くなります。

従業員からしたら何を気を付ければいいのかが、わかりやすくなるんですね。

社長が怒るまえに、黄色信号を出してあげるような感じです。

いきなり赤信号を出すのは、配慮にかけるかな。

こういったものの効果が、あとから結構きいてくるんです。

 

今日はクリスマス イブ

早いもので、今日はクリスマスイブですね。うちの子供達は、まだ本気でサンタクロースが来ると思っています。寝る前は、サンタとの出会いにドキドキしていました。

今日の夜も私は、こうしてブログを書いております。お酒でも飲みにいけばいいのですが、時間がもったいないのでこうしてすき間時間を使ってブログを書いております。

さて今日は、売上についてお話しますね。まず普通の経営者は、売上を増やしたいと考えますね。でもこれって間違っています。売上は減ってもいいのです。大切なのは、利益率です。売上から外注費と仕入れを引いた後の利益金額の率が大きい必要があります。

よいですが、利益金額ではありませんよ。利益率が大切ですよ。同業者が大きな売上を上げていても、あまり気にすることはありません。利益率が低い状態で売上だけを上げていくと、いずれ資金繰りが苦しくなって会社は機能不全になります。

反対に、利益率が高いならば、やがて売上は上がっていきます。いずれ利益金額自体も発生してきます。なぜかというと、利益率が良いということは、従業員さんが疲弊していないケースが多いです。結局、お客様と接するのは、従業員なのだから従業員が疲弊していないということはものすごく大切です。

従業員が親身にお客様に接すれば、その会社の人気は上がっていきます。利益率さえ高ければ、徐々にお金は増えてきます。

売上というものは季節変動によって、増えたり減ったりするものです。だからあまりそれに一喜一憂しても仕方がありません。利益率が高いかどうかに着目しましょう。

利益率=利益金額(売上-外注費-仕入)÷ 売上高

メリークリスマス 税理士 舩橋信治

冬の工事

冬の工事

来年の2月後半くらいまで、事務所西側道路の工事が行われます。南側からなら事務所まで車でこれます。

毎年この時期には工事が行われます。

舩橋会計にお越しの方には、不便をおかけします。

車の経路がわからない場合には、お電話ください。

税理士 舩橋信治

事務所通信 令和1年11月

つれづれ日記  令和1年12月
 いつも行っている床屋が営業方針を変えました。土日をお休みにしたのです。床屋で土日を休日にするのか・・・勇気あるな、とその時は思いました。平日は仕事で床屋に行けないし、他の床屋に変えるのも面倒なので、自分でバリカンを使い散髪することにしました。子供からは、「かっこ悪い」「恥ずかしい」と言われました。
 後日、土日を休日にした経緯を店長に聞きました。まず土日だと従業員さんの確保が出来ないらしいです。みんな土日は休みたいので。確かに社員さんがよく辞めるなとは思っていました。そして土日休みにしないと主婦が雇用できないらしいのです。
 店長いわく、「主婦は戦力」らしいのです。主婦は接客がうまいとのこと。人生経験が豊富なので話題の引き出しが多いらしいのです。今まで正社員だった従業員も主婦のアルバイトに替え、人件費も浮いたとのこと。
肝心のお客さんはというと、これが増えたらしいのです。主婦で人員が増えたので、待ち時間やお断りが減少し、平日の売上が増え、全体としても売上が増えたらしいのです。
おそらくこの状態が店長には、初めから見えていたのでしょう。 税理士 舩橋信治

弁天さま 

弁天様仕事帰りに、犬山市の浅間神社に行ってきました。ここは、尾張富士とも言われています。

本殿をおりてくると、ひっそりと小さな弁天様が祭ってあります。池には、鯉や鮒が泳いでいます。

弁天様とは、芸能の神様です。仕事とくに税理士は、芸と言えば芸です。人気商売みたいなところはありますからね。

ここの弁天さまは、素朴な感じがして、心が落ち着きます。

税理士 舩橋信治

エリア 小牧市、春日井市、北名古屋市、岩倉市、江南市、一宮市