初詣

初詣初詣に行ってきました。場所は、犬山市の大縣神社です。元旦ではないので、それほと人はいませんでした。

今年は忙しいので、この1か所にだけ行きました。

今年も無事に過ごせますように。

会計資料は、もっと簡単にならないのか?

会計資料

会計の大切さは理解しているけど、会計資料そのものが難しそうでたいくつそうで、見る気にならないという方も多いのではないでしょうか?そんな場合は、利益率に注目することをお勧めいたします。

会計資料が難しいと感じるならば、とりあえず利益率だけ着目して、それ以外は見ないという手もありです。

利益率を把握していれば、自分の会社の状況はだいたいわかります。利益率は、以下の数式で計算できます。

利益率 = 利益 ÷ 売上高

上記の利益は、売上から仕入れと外注費を引いた利益です。交際費や土地代などの固定費は引きません。会計資料に利益率が記載されていれば良いですが、記載されていない場合には、自分で計算機をたたいて計算して下さい。

ファミリー企業は利益率の高い商品やサービスを販売しなければなりません。ファミリー企業が薄利多売を行うと大資本企業に負けます。大資本企業は財力があるので薄利多売をしても体力が維持できます。ファミリー企業は財力がないので、薄利多売をすると従業員が疲弊してしまいます。

だからファミリー企業は、利益率の高い商品やサービスを販売しなければなりません。逆に言うと、大資本企業は、そういった高級品になかなか手を出せません。大きな会社は多くの従業員を養わなければなりませんので、市場の小さい高級品にはなかなか手が出せません。

ファミリー企業は市場の小さな高級品の分野へ進出すべきです。なぜならそこがブルーオーシャン(ライバルのいないエリア)だからです。

会計資料を見たときに利益率が高ければ大丈夫です。でも低ければ薄利多売のレッドオーシャン(ライバルがたくさんいるエリア)に入っているかもしれません。

またその利益率を時系列で折れ線グラフなどにして定期的に見ると良いです。過去から今まで、利益率がどのように変化しているか確認することが出来ます。

多くのファミリー企業は、安い商品やサービスを売ろうとするんですね。手っ取り早く売上をあげたいので。でもそれは続きません。ファミリー企業こそ、高級なものを提供してください。そしてブランド化してください。

「うちで提供できる利益率の高いサービスは何かな?」ということを常に考えていただきたいと思います。それが経営者の役目です。

※ 余談ですが舩橋会計には、利益率を自動でパソコン画面に表示するツールがあります。会計処理の月が変化しても自動でその月の利益率を表示してくれます。エクセルと会計ソフトを連動させる方法なんですけどね。

 

会計って大切ですか?

会計の大切さ会計を大切と感じている経営者は、あまり多くいません。会計をいくらやってもそれでお金は入ってきませんからね。法律的義務として税金申告をしなければならないので、そのために仕方なくやっている人が多いです。

しかし成功している会社の経営者は、必ずと言ってよいほど会計を大切にしています。なぜかというと、そこには経営の成果が表れているからです。経営の成績表みたいなものですね。

その会計によって作られた成績表を見て、過去の自分が行ってきた経営を反省して改善していくのです。どれだけ売上があったのか、どれだけ利益が出ているのかという情報がなければ反省も改善もできないです。

反対に倒産してしまう会社は、経理処理が必ずと言ってよいほど遅れています。遅れているので、今の会社の状況が把握できず、自分の会社を客観視できない状態になっています。改善をすることもあまりありません。

多くの方は、会計の目的は税金申告だと思われています。確かにそうなのですが、それが一番の目的ではありません。一番の目的は、「自分を客観視して反省・改善するため」です。そしてその延長に税金申告があります。

さらに良いのは、その会計から生まれた財務資料を基に、税理士さんと会話をして質問を受けることです。「どうして前月よりも売上があがったのですか?」とか「どうして交際費が増加しているのですか?」など、他者から質問を受けることによって、経営者は経営について考える時間が増えます。

会計の一番の目的は「反省・改善するため」、そしてその延長に税金申告がある、ということを覚えておいてください。

会計を大切にすることは、経営の成功へとつながっていきます。

 

 

経営理念って何ですか?

経営理念 税理士 小牧市

経営理念を簡単に言うと、「何のために経営をするのか」・「経営のミッションは何か」・「経営を通して社会のために何が出来るのか」という感じになります。

ちょっと抽象的で申し訳ありませんが、なんとなくニュアンスは伝わりますよね。経営理念と対極にあるイメージは、「金さえもうかれば何でもいい」・「従業員は苦しんでも自分に金が残ればいい」・「悪い商品を販売しても金がもうかるならいい」といった感じになります。

経営って大変なんですよね。やってみるとわかるんですけど、利益を出すのは難しいんですよ。気を抜くとすぐに赤字になって倒産してしまう。だから経営者は、いつでも余裕がないんです。そして、明日の夢よりも、今日の金が大切となってしまうんです。

そんな経営理念なんて理想を語っている時間があるなら、今日の配達を一つでも進めた方が利益になるって考えるんですよね。これが普通の経営者です。

でも待ってくださいね。利益の追求のみを考えている会社からサービスを受けたいと思う人がいるでしょうか?利益の追求のみを考えている経営者の下で働きたいと思う人がいるでしょうか?皮肉ですが、利益の追求のみを考えると、利益は遠ざかっていくんですね。

あなたは何のためにその会社をつくったんでしょうか?そして誰を幸せにしたいのでしょうか?誰が今、困っているのでしょうか?社会とどのようにつながっているのでしょうか?・・・そんな事を考えながら、一度、経営理念をつくってみてください。

そしてその経営理念を守るため、つらぬくためには、どんな行動をとる必要があるのでしょうか?

その行動は、時には利益が出ないかもしれません。経営理念を守ろうとすると、損得を超えた価値観をもたなければなりません。簡単にいうと損をすることも出てきます。

でもその経営理念を守るための行動を継続していると、信頼を得たり、個性的な活動になったり、誰も行っていないサービスになったりします。そのときに利益は出てきます。

だから経営理念をもつって、かなり厳しい道のりも待っているんですよね。その厳しい道のりを超えたところにオンリーワンの状況が待っており、そのオンリーワンになることによって人が集まってくるんです。

だから少し遠回りになるかもしれませんが、利益を得たいなら経営理念をつくるべきなんです。

あまり難しく考える必要はありません。自分は何が好きか、何をやりたいか、そんなことを素直に考えれば、自然と経営理念は生まれます。

小牧市の税理士 舩橋信治

経営理念を掛軸に

経営理念 掛け軸お客様の経営理念を私(舩橋)の汚い書道で書きました。

汚い言葉に、汚い書道。でもこれでいいんです。

ストレートに伝わるから。

黒字が経営理念です。

赤字が経営理念を意識した行動ルールです。

こういった目標が明確にされていると、経営者と従業員の関係は良くなります。

従業員からしたら何を気を付ければいいのかが、わかりやすくなるんですね。

社長が怒るまえに、黄色信号を出してあげるような感じです。

いきなり赤信号を出すのは、配慮にかけるかな。

こういったものの効果が、あとから結構きいてくるんです。

 

今日はクリスマス イブ

早いもので、今日はクリスマスイブですね。うちの子供達は、まだ本気でサンタクロースが来ると思っています。寝る前は、サンタとの出会いにドキドキしていました。

今日の夜も私は、こうしてブログを書いております。お酒でも飲みにいけばいいのですが、時間がもったいないのでこうしてすき間時間を使ってブログを書いております。

さて今日は、売上についてお話しますね。まず普通の経営者は、売上を増やしたいと考えますね。でもこれって間違っています。売上は減ってもいいのです。大切なのは、利益率です。売上から外注費と仕入れを引いた後の利益金額の率が大きい必要があります。

よいですが、利益金額ではありませんよ。利益率が大切ですよ。同業者が大きな売上を上げていても、あまり気にすることはありません。利益率が低い状態で売上だけを上げていくと、いずれ資金繰りが苦しくなって会社は機能不全になります。

反対に、利益率が高いならば、やがて売上は上がっていきます。いずれ利益金額自体も発生してきます。なぜかというと、利益率が良いということは、従業員さんが疲弊していないケースが多いです。結局、お客様と接するのは、従業員なのだから従業員が疲弊していないということはものすごく大切です。

従業員が親身にお客様に接すれば、その会社の人気は上がっていきます。利益率さえ高ければ、徐々にお金は増えてきます。

売上というものは季節変動によって、増えたり減ったりするものです。だからあまりそれに一喜一憂しても仕方がありません。利益率が高いかどうかに着目しましょう。

利益率=利益金額(売上-外注費-仕入)÷ 売上高

メリークリスマス 税理士 舩橋信治