竹島水族館

今日は、家族サービスで竹島水族館に行って来ました。

家族サービスと言いましたが、本当は自分が行きたかったのです。

なぜかというと、竹島水族館は、カニや魚を手で触れられるからです。

触ってみましたが・・・意外にザラザラで気持ち良くない。でした。

この竹島水族館は、日本で最もというくらい古びた建物です。

しかし、都会の水族館との競争をやめて、独自のサービスを開始したところ、来館者数が劇的に増えたそうです。

たしかに、館内は満員で寿司詰め状態でした。

名古屋港水族館よりも面白い部分もあるな、と感じました。

やはり経営は、知恵ですね。

お金を使えばいいというわけではありませんね。

竹島水族館に行って、弱者が生き残る方法を感じることが出来たような気がします。

一つ感じたものがあります。それは、竹島水族館は、言葉を大切にしているということです。

アシカショーでも言葉を熟考してジョークを話しています。

そのジョークが簡単に生まれなかったことは、察することが出来ます。

また水槽は立派ではなく小さいのですが、水槽の横にコメントがたくさん貼り付けてあります。すごくたくさんね。

お金がない場合は、あるいは技術が足りない場合には、言葉でそれを補うと良いのかな。

言葉の力というのは、すごく強いのではないかな。

言葉を考えるのは、ただですからね。

言葉は、無料で最高のプレゼント。

資本力のない私達、個人事業者は、言葉を大切にしていきたいものですね。

関連記事

  1. 大口屋 扶饅頭 大口屋 扶饅頭
  2. 桃花台 豊かさとは
  3. 声の大切さ
  4. お試し財務分析
  5. 生命保険の知識は重要
  6. メンタルヘルス
  7. 杉村先生 杉村先生 
  8. 税理士セカンドオピニオン

ブ ロ グ の カ テ ゴ リ ー

支 援 機 関 に 認 定 さ れ ま し た

お 客 様 の 声

T K C の 継 続 M A S

T K C の D A I C 2 建 設 業

相 続 発 生 シュミレーション

PAGE TOP